察してもらえてますよ・・・ね・・・ 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

 

私は仕事がら、プライベートでも、悩みの相談されてしまうことが、よくあります。

それを対応するかしないかは、別として、悩みの全貌を理解するのに苦労することがあるのです。

 

 

なぜかというと、「みなまで言わなくても・・・お察し頂けてますよね・・・?」

といった相談のしかたで、悩みの全体像が、全然見えてこないことが多いからです。

 

 

私は、職業上、「ああ、、そういうことですね。」と、ピン!とくるですが、それでも、意味不明な相談が延々続くことも、多々です。

 

誰かに、悩みを相談するときは、悩みの核心となる部分を最初に打ち明けて、それから補足するように、相談相手に伝えることといいですよ。

 

 

 

「お察しくださいね」の話し方をする人は、最後の最後で核心となる部分を、やっと打ち明けてくれるパターンです。

 

 

それで、この手の方は、なかなか察してくれない相手に、「なんて・・鈍い奴だ」というリアクションを返す人もいますが、

 

「相手が鈍い」というわけでなく、自分自身が意味不明の相談をしているのだと反省して、工夫して打ち明けると良いですね。

 

 

 

続きはメルマガで。