「社員は家族」は、奴隷化が目的 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

この季節、転職を希望する人は多いと思います。

 

求人広告に「社員は家族、アットホームで・・・」のような記載をみかけますよね。

零細の企業や、飲食店の求人広告に、多いキャッチコピーです。

 

 

社員は家族」は、社員の奴隷化が目的なんですよ。

 

 

「家族」と書くと、複雑な家庭で育って、温かい家族に恵まれなかったような若者が「家族」という単語に、魅かれて集まってきます。 叶わなかった欲望を、会社に満たしてもらおうと・・・。

 

週末は社員で、飲み会やったり、ご飯食べたり、フットサルしたりして、疑似家族のような社内イベントをしたがるのが、こうした会社です。

 

「俺らは家族だろ」が社長の口癖で、「若いみんなに夢みせたい」と言って、社長だけベンツに乗ってたりします。

 

 

でも、その目的は、「社員の奴隷化」です。

 

「社員は家族、社長はオヤジ」というのは、ようするに、

 

  • 「低賃金でも、サービス残業でも文句言わない。」
  • 「途中で会社を辞めるのは、家族への裏切り行為。」

 

という思考に導くための、あこぎな洗脳なんですよ。

 

まさに奴隷化ですね。

 

週末の飲食代とかフットサルの費用なんて、人件費に比較したら、たいした金額ではないのです。

社内イベンドの費用なんて、子供だましみたいなもんです。

 

いい大人が、こんな幼稚な求人広告に騙されないとは思いますが、ボロボロに心が弱っている時は、意外にわからないものです。

 

 

 

 

続きはメルマガで!

 

 

 

 

 

ちょっとかじってます!は貧乏への道 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

「私も四柱推命を、ちょっとかじってます・・・ところで・・・」

 

と話しがはじまったり、メッセージを頂くことが多いです。

 

 

この 「ちょっとかじってます」 は、言わないほうが賢明だと思うし、「ちょっとかじるマインド」で物事に取り組まない方がいいのになぁ とも考えています。

 

 

 

なぜなら、

 

ちょっとかじっていることを、プロに言ったところで、知識と経験に差がありすぎて、お互い話しになりませんし、プロからすると、間違った持論を説かれて、うっとうしいだけだからです。

 

また、ちょっとかじったところで、所詮モノにならないからです。

モノにならないことを、たくさん増やしても、時間ばかり消費して人生の損だからでもあります。

 

 

 

器用貧乏とは、よくいったもので、器用な人ほど、なんでも自分でやって、結果、貧乏という人が多いように思います。

 

ずば抜けた天才でもない限り、いろいろなことを、いろいろマスターするのは、どだい無理な話で、モノにならないで終わるだけです。 

 

専門的なことは、最初からプロに丸投げするのが、資本主義の基本的な考え方ですよ。

 

 

続きはメルマガで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土用に吉凶は無いですよ 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

1月17日13時ごろから、土用に入ります。

 

土用というのは、季節の変わり目の期間をさしています。

 

1月17日からの土用は、冬から春の間の”変わり目”の期間になりますね。

 

 

 

 

さて

 

土用が近づくと、

 

「土用に●●するのは凶ですよね?」

 

「土用が明けてから引っ越しすべきですか?」

 

のような 問合せが多くなります。

 

 

 

ですので、この場で、回答させて頂きますね。

 

上記のとおり、土用は季節の変わり目のことを意味しているだけです。

 

土用に吉凶などはありませんし、土用が個人の運命に影響するということは無いのですよ。

 

 

 

 

 

続きはメルマガで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼を寄せている占いの道具 フーチ 【栄就】 


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

 

土地の相を鑑定するときは、地図や土地図面の情報から、土地相のノウハウ通り鑑定します。

 

もうひとつ、信頼を寄せているのが、フーチという占いの道具です。

 

私は、このフーチのマスターでもありますが、これが土地相をみるときにも大変役に立つのです。

 

 

写真は、東京の浜離宮恩賜庭園で直接土地の気を鑑定してみた時のものです。

その土地の上に建って、フーチをかざしてみます。結果は・・・。

 

(結果はすばらしく、まさにパワースポットのようでした。)

 

本当は、このように実際の現場に足を運んで、確認するのがベストではありますが、図面や地図、写真でも実際に現場に行くのと同様に鑑定することはできます。

 

 

ps

写真に、私が愛用しているお財布が見えてますね。

お財布は、金運に直接関係するアイテムです。

いま、本にまとめていますので、ご期待くださいませ。

 

 

続きはメルマガで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧な家相を求めないこと 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

昨年あたりから、家の風水鑑定(家相)のご依頼件数が、かなり増えてきました。

家を購入する人が増えてきたり、頻繁に引っ越しをできる人が増えたきたのでしょう。

日本の景気が良くなってきた証拠ですね。2012年頃から比較すると雲泥の差です。

 

それはさておき、家を購入するとなれば、やはり良い家相の物件を選びたいですよね。

賃貸ならともかく、購入するなら、失敗はできないですから。

 

だからといっても、完璧な家相の物件を見つけるのは、本当に難しいことなのです。

 

私は、多くの風水鑑定をしていますし、個人的に物件情報を閲覧するのが趣味の一つでもあるのですが、完璧といえる家相の物件は、ほぼ見つけられません。

 

そもそも、家相の良し悪しは、不動産価値と比例するところがあるので、無制限に大金を用意できる人でないと、完璧な相を求めることは到底できそうにないのです。

 

お手頃な物件でも良い相の家はたくさんありますが、だいたい、どこかにマイナス点があるものです。

マイナスがあると、ダメというわけではなくて、致命的な要素がなければOKとすべきなのですよね。

 

ですので、気に入った物件が、及第点といえる家相なら決断しても良いと思いますよ。

完璧を求めるのは、難しいです。

 

 

 

 

家相の基本的情報は、家の風水鑑定のサイトに網羅しておりますのでご一読くださいませ。

 

 

 

 

続きはメルマガで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厄年で家の購入・・・ 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

「家の購入を考えていますが、今年は厄年となるので、心配です。」

 

というメッセージを多く頂いていますので、こちらでもコメントしておきましょう。

 

 

 

家の購入は、財運が大きく影響する行為のため、購入者の運気をみることは必須です。

 

購入者の生年月日で、正確に運気を鑑定する必要があるのです。

 

けして、厄年で、買う買わないを決めないことです。

 

 

 

厄年は、あしき迷信の一つです。

 

四柱推命と関係があると吹聴する人がいましたが、嘘でしょう。

 

 

個人のデータを重視する正統派の四柱推命において、厄年などの概念を相容れるわけが無いです。

 

厄年を信じることは自由ですが、関わらないことを推奨させて頂きますよ。

 

 

住宅購入日を占います

 

 

 

 

 

続きはメルマガで!