あなたは尋問していないか? 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

人間関係の運が悪く、「うっとうしい」と思われてしまう人の特徴として、尋問するクセがある ということがあります。

 

興味関心のある相手に対して、尋問してしまうのです。

 

例えば・・・

 

  • どこ住んでるの?
  • 恋人はいるの?
  • 結婚してるの?
  • バツ1なの?
  • 趣味は何なの?
  • 休日は何しているの?
  • 学校はどこだったの?
  • 兄弟はいるの?

 

などなど、続けざまに、聞き出そうとするのです。

 

興味がある人物に対して、その人物のスペックを知りたい気持ちはよくわかります。

でも、これは、やめるべきなのです。

 

 

相手のスペックは、自然と相手が話し出すまで関係をつくるか、時を待って、徐々に知っていくことが賢明なのです。

相手との関係性が低い段階で、尋問する人は、100%うっとうしい人物と思われます。

 

あと、もう一つ、尋問して聞きだした内容を、他人に話したりすると、1000%嫌われます。

あなたの信用は地に落ちます。

 

無意識、無自覚にやってしまっている人が、実に、多いですよ。

 

あなたは、誰かに 尋問していませんか?

 

 

詳しくは、メルマガで!

 

 

 

 

あらためて吉方位の実践のしかた 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

あらためて、吉方位の実践のしかた です。

 

吉方位の実践方法は、こちらで詳細をまとめています。

 

吉方位取りの実践方法

 

吉方位の提供を、開始して10年を超えましたが、その間に、さまざまな、ご質問を頂き、回答させて頂きました。

 

このページは、10年分の質疑応答が、網羅されて反映されています。

ぜひ、一度、じっくりお読み頂ければと思います。

 

 

 

ps

お休みを頂いておりました。

本日から、通常営業です。

吉方位とりでリフレッシュできました!!

 

 

 

詳しくは、メルマガで!

 

 

 

 

財布を交換するタイミングは? 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

お財布を交換するタイミングって、難しいですよね。

 

愛着のある財布だったりすると、尚更ですよね。

 

 

道徳的にいえば、長く愛用していることが美徳となります。

 

でも、金運への影響で考えるなら、交換のタイミングは、収納される「お金の立場」を考えてあげると良いです。

 

続きはメルマガで。

 

 

 

 

映画 メッセージ おすすめ! 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

かなり、久しぶりに、良い映画に出会いましたので ご紹介。

2016年に公開された「メッセージ」(監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ)です。

 

 

SFではありますが、典型的なSF映画ではなくて、人間ドラマ的です。

映画のテーマが、四柱推命と通ずるところがあったりして、興味深い内容でした。

 

口コミとか、レビューは見ないで、視聴することを推奨しますよ!

 

 

続きはメルマガで。

 

 

 

 

お勧めの無難方位はどれなの? 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

ご家族で引っ越しをするには、無難方位を使うことになります。

 

 

どの無難方位が、最も、お勧めの無難方位ですか?

 

と、鑑定書を提出させて頂いたお客様から、頻繁に、ご質問を頂いています。

 

 

 

無難方位というのは、作用のない方位で、優劣の無い並列な方位盤です。

 

よって、お勧め と言う概念はなく、どれも同じということになります。

 

 

 

お勧めや、優劣があるということは、無難方位にはなりません。

 

より、効果的に、引っ越したい気持ちは、よくわかりますが、家族がいる以上、吉方位は使えないのです。

 

家族の引っ越しは、凶方位を除けて引っ越すことしかできません、ご理解ください。

 

 

続きはメルマガで。

 

 

 

 

住宅ローン破綻 増えてます。 【栄就】


鑑定中の鈴木栄就。

 

 

栄就です。

 

 

「住宅ローン破綻者が増えている」と、ニュースをみました。

 

「低金利、頭金0円で、家が買える」という昨今、簡単にローンを組む人が増えているからです。

 

ローンの月々の支払を、賃貸物件の家賃と比較するという、愚かな思考は、今すぐやめましょう。

 

 

 

 

お金を貸しつける銀行も銀行なのですが、「貸してもらえたんだから、大丈夫」と思っている人も多いです。

 

言っておきますが、銀行は、住宅ローンの貸付に対して、ほぼリスクが無く、銀行からすれば、「ドル箱」のような仕事になっているのですよ。

 

 

 

安全にローンが組める借入額は、今の世帯年収の1.5倍程度が、いいとこです。

 

それ以上は、リスクが高すぎるため、本当に返せるのか、よくよく考えましょう。

 

ハッキリ言いますが、こういう問題は、ご主人よりも、奥様の方に原因があることが多いですよ。

 

 

住宅・家 購入日(時期) 占い

 

 

続きはメルマガで。