エディ君











Edie - rescued yesterday an hour before euthanasia

訳すと

エディ--安楽死の1時間前に昨日、救われます。



この動画は、

保健所で安楽死される1時間前に動画のご主人に救われたという
犬のエディ君との物語。



最初は おもらしするぐらい おびえていたけど、、、。






エディ君。良かったね。^^

泣ける拍手



 

時給










最終日だったのですが、確定申告を済ませてきました。

電子申告すれば良いのですが、税のことは良くわからないことばかりですから、相談ついでに。

納税が活かされますように。。

相談役の税理士さんたちは、やはり流石でなんでも的確に
アドバイスくれます。

日頃から税理士さん雇った方が良いね、、、。


と毎年同じことを思うのでした。




帰りに、時間が無かったので 某ファミレス で昼食。



ふとみると アルバイト募集のポスターがあって、

高校生が 時給900円スタートでした。


私が高校生のころは 730円スタートでしたね。
3年やっても900円にはならなかった気がする。。


外食産業が好調なわけがないので、あまり人気のない仕事なのかも
しれません。



でも、
学生のうちは、時給で仕事を選ばない方が良いように思います。


時給で働くということは、自分の人生を切り売りしている
のと一緒なんです。


それなら、100円時給が高いからこっちのバイト、、なんて選び方

していると実は、大損することになります。

時給なんて たかが知れているわけですから、

将来へ繫がる 経験とか、思い出とか、そっちを優先した方が

人生トータルでみると 儲かることが多いと思います。


そして、時給が高くて、いつも募集しているような仕事は
結局、割が合わなくて、キツイ仕事が多いようです。


時給は安くても、自分の為になる仕事が、将来のチャンスに
繫がるのかな、、と思うのでした。




 

よくわからないんだけど












ずいぶん古いネタなんだけど、
この動画を観ると、よくわからないんだけど、涙がでそうになる。



そういうのを「魂のゴチソー」って言うんだって。


 

鈴木栄就 写真とりました。











そうそう、私の写真を変えました。

仕事として営業しているのに、自分の顔を掲載しないという
のは フェアじゃない気がして、今回はプロの方に頼んで
撮ってもらいました。



写真って苦手なんだよね。。

撮影時、ちょっと緊張しましたが、

カメラマンY氏の 絶妙なトーク術によって 笑顔になれました。

やっぱプロは違うなぁ。



担当して頂いた、
カメラマンのY氏 はある大家の大先生に師事し、出世なさった苦労人。

師匠との出会いは、、なんと、  出待ち!


スタジオから出てくる 先生に土下座「弟子にしてください!」×7回 をしてやっと アシスタントのさらにアシスタントを許されたそうな。


根性が違いますね。 

それから、様々な苦労と鍛錬があって、独立をなさったとのこと。


でも 非常に謙虚で明るい。 いやぁあ 良い人に出会った。



 

新聞の電子化










日経新聞 電子版 が ついに始まったみたいです。



しかし、、高い。


ネット盤だけだと 4000円だと。


まぁ これは 他社新聞社の追随までの限定価格だとは思います。

読売、朝日 あたりが ネット新聞を本格的にやり始めたら
必ず値段は下がるでしょう。



情報 とは タダ ではないのですが、


マス情報というのは、今は、ネットニュースやメールマガジン
などで、高い見識でのコラムなども、有識者のブログ、ツイッターなんかで
濃密な情報を タダ でゲットできるので

新聞の内容で 月額 4000円というのは ちょっと強気すぎですな。



普及するかどうかは別論として

仮に普及してしまうと、

紙がネットに喰われたことになって 過去のブログでも書いたように

一定の人の雇用が失われることになります。

新聞社の一部の人、新聞紙を配っている人、
新聞紙を刷る人、チラシの広告屋
チラシを刷る印刷屋、新聞紙を回収する人、

すぐに思い当たるだけでも これだけの人がカットされちゃいます。




アップルの Ipad 

なんかも 紙媒体⇒ネット化・電子化 を予感させるデバイスです。
アップルは時代の読み が超早いです。

IT化を創造しているといっても過言じゃないです。



ipod が出始めのころ、私は「なんだこりゃ、、」
と思ったのですが、あっと言う間に普及して スタンダードになりました。

結果CDが売れなくなりました。

音楽関係の上場企業の株価も酷いことになっています。

末端で言えば、
CD販売店のバイトの子の雇用がカットされたでしょう。




電子化は 不要なことをカットできるので、便利なのですが、
雇用も失うことになるんですね。


JALの株価が紙くずに なったようですが、今は
電子化されているので 紙くず にもなりませんした。
一億株以上発行していましたので、紙くずになったら大変でした(笑)


ネット化電子化すると、あらゆる事が合理的になって
スっきり するのに、いまだに、抵抗する業界や、
 気持悪さ を感じているユーザさんがいますが、

あれはなんでなのでしょうか?

やはり、既得権を失うことへの抵抗なんですかね。



日本だけじゃなくて、世界が、想像以上のスピードで
変化しているように感じます。

今までの思考、形式、しきたり、常識で過していると
JALみたいになっちゃう気がします。





今年は 庚の年です。

庚は 変革、革新の年!

坂本龍馬が テレビでやってるのも偶然じゃないかも。。











 

蜂蜜






こんな記事を見つけました。


抗生物質が効かない細菌に、蜂蜜で対抗


糖尿病患者の潰瘍を蜂蜜で完治させたという内容。


そういえば、私にも 蜂蜜を外用薬として使って 化膿した皮膚を
自力で治療した経験があります。


何年か前に、足の親指の爪を深爪してしまって 化膿させてしまったんです。



実は学生の頃にも 同じようなことをやってしまって、悪化し、
医者で麻酔を打たれて、親指の爪を剥がした経験がありました。

親指の爪を剥がすなんて 精神的にキツイですし、その後
一週間は、まともに歩けなくなるので、「ヤバイなぁ」 と思っていました。


爪を剥がすのは嫌だったので、抗生物質入り軟膏を塗ったりして
殺菌したのですが、治癒しませんでした。


そこで、
ダメもと で 家にあった 蜂蜜 を塗布し一晩寝たところ

な、なんと 朝には、腫れがひいて 完全治癒していたのです!!!


蜂蜜は、抗菌作用が強く、蜂蜜自体が腐りません。
それで、まさか、、と思って使ったのですが、大成功でした。



蜂蜜は 強い陰性で 体を緩ませる 性質がありますから、
私はあまり食用には使いません。

この経験から、
今では、天然抗生物質の軟膏として利用するようになりました。


ただ、蜂蜜は、ニセモノもかなり流通しているので、
ホンモノを手に入れるように努力した方がよいでしょう。

私は、養蜂家が、直売している 天然モノを手に入れていたんで
幸いでした。

ニセモノ蜂蜜では、ここまでの薬効は無かったでしょうね。