レンコンとにんじん の金平




いろいろ環境の変わるこの季節は、
ご依頼も多くて(感謝!) 忙しくさせて頂いてまっす。


私は、粗食派なのですが、
昨日は金平をつくってみました。






レンコンとにんじん の金平です。

身体が陽性化して、温まりますよ。

 

筑前煮つくりました^^



普段は粗食の私ですが、もちろん自炊がもっぱらです。

自分の料理を紹介するのは、恥ずかしいのですが。

筑前煮です↓






身体が温まりますよ。

料理って楽しいですねー。
でも私は、あまり丁寧ではないので、こういう家庭料理中心です^^


 

「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 」

こんにちは、事務所のある横浜は、今日も雨雨
私は、水の陰 の人間ですが、雨は好きじゃないです。
スカッと晴れないかな。



さてさて、本日もブックレビューと行きます。

「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 」

キャッチーなタイトルと、最近、有名人になりつつある著者の本です。

広く浅く という印象がありますが、とても参考になる能率アップ系の本でした。
特に、ITを駆使した具体的なTIPsは実用度大です。
読んで損は無い内容となっていますね。





投資するところには、トコトン投資するっていうスタイルも、
私もピッタリ同感!好意的に読めました。

著者は、とんでもなくエネルギッシュな女性です。
尊敬してしまいます。


四柱推命研究家として、氏の誕生日を知りたかったのですが、残念ながら
非公表。

ブックレビュー「社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由」



お蔭様で、なんだかんだと忙しい毎日を過させていただいてますグッド

本日も朝から鑑定4件こなしました。ふー。ちょっと疲れた。 ^^;


私は、3日に一冊は本を読むという習慣を自らに課していますので
まぁ 良かったな と思える本は、紹介したいと思ってます。

本日はこれ↓





以前から読みたいとは思っていたんだけど、たまたま、古本屋さんで発見したので購入(セコイ!)。
ベンチャー企業家である著者のノンフィクション作品です。

1995年のインターネットやパソコン類が まだまだ一般化していなかった頃の話ではあるので、今読むと懐かしいと思える場面もありましたが、日本のIT革命前夜を読みとれる非常に興味深い内容でした。

いけいけドンドンで膨張する会社、背伸びと虚栄で膨れ上がる社長(著者)、そして、裏切り、急転直下の墜落、、
ジェットコースターに乗っているかのようなスリリングな日常を疑似体験味できる本です。

読み終わってみて、失敗の最大の原因はなんだろうと、私なりに考えてみたんです。
それは
「勝手な思い込み」 だろうと感じます。



会社の魅力、将来性に投資してもらっているはずだ という勝手な思い込み。
あの人(銀行の重役)は 「オレの友達だ」 という勝手は思い込み。
極めつけは、 超大手の会社の契約書だから安心 という 勝手な思い込み。(結果大損。)

ビジネスに勝手な思い込みは これほど危険を生むものなのだ という良い教科書であるような気がしました。


あまりに慎重すぎちゃう人は企業家には向いていないのだろうけど、勝手は思い込みは危険なんですね。



企業を目指す人も、そうで無い人も、一読に価値ありの、本です!

著者の生年月日は公表されており、 四柱推命でいうところの 水の陰の人(生まれ時間不明にて不確定)なのですが、やはり才能発揮のエネルギーが重々ある人でした。


ただし、こういうエネルギー構成の人は、おっちょこちょい という特性をもっているのがたまに傷なんですね。
本を読むうちにそれが読み取れました。

特筆すべきは、著者、板倉氏の文章力!!


下手な小説家のそれよりも、スバラシイ! 

ブックレビュー「「ラクをしないと成果は出ない」   日垣 隆」

私は、読書が趣味なのですが、
せっかくなので、読書感想文を。



「ラクをしないと成果は出ない」   日垣 隆」


有料メールマガジン、ガッキーファイターの著者 日垣 隆 氏作。

いわゆる自己啓発、能力開発系の本です。
読みやすい文体だったから一気に読みました。
タイトルにある 「ラク」 というのは、もちろん 「怠惰」 という意味合い全くなく、つまり 効率化せよ ということ。
やんなくても良いことは、バッサリとリストラ、やらなきゃいけないことは、集中投下 これです。
そんな生活のヒントが満載の能力開発本です。
一章ごとにあるシメのお言葉も、著者のセンスを伺えます。

私が、この本に共感を覚えたのは、所謂、常識といわれている事柄 に 「なぜ?」と疑問を抱けることができる姿勢にあると思います。常識にとらわれて、当たり前に、良く考えないで、行動することがあるけど、これは、ある意味アブナイんです。
常識化っていうのは、一種の洗脳状態になっているのかもしれません。
こうした能力開発系の本には必ず、ITを駆使せよ っていう内容がでてくるけど、やはり、時代と供に、方法とか作法とかを改善していく必要があるってことでしょう。 古い常識は、リストラせよ ってことですかね。

著者の  日垣 隆氏は、四柱推命でいうところの 戊 (つちのえ) 土の用の人、行動力のある人に必要なエネルギーがある人。企業家にはこのエネルギーをもっている人が多いです。
もてるエネルギーが非常に強く、企業家、自営業に向いている命の模様。
通常、土のエネルギーがたくさんある人は、自分の信念を突き通す人です。
公表プロフィールは、生まれ時間不明だから、三柱推命になっているわけだけど、生まれた時間が気になる人物だなぁ。





己丑年スタート




本日2月4日より 己丑 年 の新年の幕開けです。

四柱推命の一年は旧暦(太陽太陰暦)だから
今日が新年の元旦です。

世界的に不況の中のスタートだから、安閑とはしていられない
波乱のスタートだ。

雇用の問題が報道されているけど、
一番大切なのは、自分に適した職業を選ぶことだと思うよね。

そういうときには、本をたくさん読んだり、人に相談したりして
見つけて欲しいです。

もちろん、四柱推命による鑑定は当然ですけどね。

仕事って本来楽しいものだからね。^^